パチンコ ユニコーン

TTSSH command line

TTSSHでは以下のコマンドラインオプションが使用できます。

オプション

<username>@<host>[:<#TCP port>]
ホスト名指定ではTera Term本体が対応している形式の他に、ttssh拡張としてユーザ名付きも使えます。
<scheme>://[<username>[:<password>]@]<host>[:<TCP port>][/]
URL形式も拡張されます。
<scheme>には、ssh, ssh1, ssh2, slogin, slogin1, slogin2が使えます。
ポート番号が指定されなかった場合は22が使われます。(設定ファイルのTCPPortの値は無視されます)
/f=<file>
teraterm.iniファイル(file)を読み込む
ファイル名が絶対パスでないときは、ttxssh.dll からの相対パスと見なされます。
/ssh-f=<file>
teraterm.iniファイル(file)を読み込む
ファイル名が絶対パスでないときは、ttxssh.dll からの相対パスと見なされます。
/ssh-consume=<file>
teraterm.iniファイル(file)の読み込み後、当該ファイルを削除する。
ファイル名が絶対パスでないときは、ttxssh.dll からの相対パスと見なされます。
/t=<value>
/nossh
SSH 接続を無効にする
/telnet
SSH 接続を無効にする
さらに、Telnet プロトコルを使用する。Tera Term の /T=1 と同じ。
/1
SSH1 で接続する
/ssh1
SSH1 で接続する
/2
SSH2 で接続する
/ssh2
SSH2 で接続する
/ssh-autologin
空のパスワードでの自動ログインを試みる
/ssh-autologon
空のパスワードでの自動ログインを試みる
/auth=<mode>
<mode> で指定された認証方式で自動ログインを試みる
/user=<username>
ユーザ名を指定する
/passwd=<password>
パスワードを指定する
/keyfile=<file>
秘密鍵を指定する
ファイル名が絶対パスでないときは、ttxssh.dll からの相対パスと見なされます。
/ask4passwd
自動ログインをせず、パスワードを聞く
/auth=<mode> は、認証方式のみを意味するようになる
/ssh-L[<listen_addr>:]<port1>:<host>:<port2>[,[<listen_addr>:]<port1>:<host>:<port2>[,...]]
ローカルのリッスンアドレス(<listen_addr>)ポート(<port1>)からリモート側ホスト(<host>)のポート(<port2>)へポートフォワーディングする
<listen_addr>を省略すると、localhostでリッスンする
/ssh-R[<listen_addr>:]<port1>:<host>:<port2>[,[<listen_addr>:]<port1>:<host>:<port2>[,...]]
リモートのリッスンアドレス(<listen_addr>)ポート(<port1>)からローカル側ホスト(<host>)のポート(<port2>)へポートフォワーディングする
<listen_addr>を省略すると、localhostでリッスンする
SSH1プロトコルでは<listen_addr>は利用されない
/ssh-D[<listen_addr>:]<port>[,[<listen_addr>:]<port>[,...]]
ローカルのリッスンアドレス(<listen_addr>)ポート(<port>)への接続をダイナミック転送する
SOCKS Proxy として動作する
<listen_addr>を省略すると、localhostでリッスンする
/ssh-X[[<hostname>]:<displaynumber>[.<screennumber>]]
X11転送を有効にする
転送先ディスプレイを指定した場合は、その転送先へX11接続を転送する。
転送先ディスプレイを指定しなかった場合は、以下の優先順位で転送先が決定される。
  1. 設定ファイルの [TTSSH] セクションの X11Display 設定
  2. 環境変数 DISPLAY の値
  3. localhost:0.0
/ssh-A
エージェント転送を有効にする
/ssh-a
エージェント転送を無効にする
/ssh-agentconfirm=<on/off>
/ssh-v
ログレベルを VERBOSE モードにする
/ssh-C
圧縮を有効にする(圧縮レベルは6)
/ssh-C=<level>
圧縮レベル(0-9)を指定して圧縮を有効にする
/ssh-c
圧縮を無効にする
/ssh-icon=<icon name>
SSH接続時のアイコンを指定する
icon nameには、設定ファイルのSSHIcon設定と同じものが使用できます。
/ssh-subsystem=<subsystem>
シェルではなく<subsystem>で指定したサブシステムを起動する。
/ssh-N
接続時にシェルセッションを開始しない。
/nosecuritywarning
SSHセキュリティ警告(known_hosts)を無視する。原則、使用禁止
※本オプションは、工場などの閉じた環境で、機器の自動試験を実現するために用意されました。
通信にセキュリティリスクがある場合は、絶対に当該オプションを使用しないでください。
いずれにおいても自己責任でお願いします。

パラメータの値にスペースやセミコロンを含めるためには、値全体を `"' で囲んでください。(バージョン 4.63(TTSSH 2.51)以降)
値に `"' を含めるためには、連続した `"'("") を指定してください。(バージョン 4.63(TTSSH 2.51)以降)

以前の仕様
パラメータの値にスペースを含めるためには、`@' を指定してください。'@' を含めるためには '@@' を指定してください。(バージョン 4.10-4.62(TTSSH 1.08-2.50))

ttermpro.exe server1:22 /ssh /ssh-L30025:smtpsrv1:25 /ssh-L30110:pop3srv1:110
ttermpro.exe server1:22 /ssh /ssh-D1080
ttermpro.exe server2:22 /ssh /ssh-X
ttermpro.exe server2:22 /ssh /ssh-Xlocalhost:3.0
ttermpro.exe server3:22 /ssh /2 /auth=password /user=guest /passwd=guest
ttermpro.exe server4:22 /ssh /2 /auth=publickey /user=admin /keyfile=pathofkeyfile /ask4passwd
ttermpro.exe ssh://user:password@server5/ /auth=password
ttermpro.exe server6:22 /ssh /2 /auth=publickey /user=guest /keyfile="C:\Users\foo\Documents\My keys\id_ed25519" /passwd="Yu/eA;G2"
ttermpro.exe server7:22 /ssh /2 /auth=password /user=guest /passwd="foo""bar"

例: Pageantとの連携

をスタートアップフォルダへ設置させます。

C:\usr\pageant.exe c:\usr\Identity.ppk

Tera TermからPageantを利用して、公開鍵認証による接続をするには以下のようにします。

ttermpro.exe shell.osdn.net:22 /ssh /auth=pageant /user=yutaka