パチンコ ユニコーン

Tera Term Pro 2.3との差分

Tera Term 原作者 寺西高氏による Tera Term Pro 2.3 (オリジナルバージョン) と、Tera Term (バージョン4) との差について概説します。

機能差分一覧

項目 Tera Term Pro 2.3 Tera Term
ソースコード 開示 開示
ライセンス プロプライエタリ*1 修正BSDライセンス*2
開発環境 Visual C++ 5.0 / Watcom C/C++ 11.0 Visual Studio 2005
アイコン Tera Term*3 Tera Term*3
最大COMポート 16 4096
シリアルスピード 110〜115200 110〜921600 自由入力も可能
日本語文字コード EUC-JP/Shift_JIS/JIS EUC-JP/Shift_JIS/JIS/UTF-8/UTF-8 MAC
Unicode 対応 未サポート 単一言語サポート*4
IPv6 対応 No Yes
国際化対応 No Yes*5
リンクライブラリ
  • Oniguruma
    • 正規表現ライブラリとして使用
  • SFMT
    • 乱数生成器として使用
*6
 
TTSSHアイコン TTSSH TTSSH*3
対応 SSH バージョン SSH 1.5 SSH 1.5 and 2
対応 SSH 機能 シェル、ポート転送、X11転送 シェル、ポート転送、X11転送、SCP
Pageant*7 との連携 No Yes
リンクライブラリ
  • SSLeay
    • 暗号ライブラリとして使用 (libeay32.lib)
    • SSLのためには使用していない (not ssleay32.lib)
  • zlib
    • 圧縮ライブラリとして使用
  • OpenSSL
    • 暗号ライブラリとして使用 (libcrypto.lib)
    • TLSのためには使用していない (not libssl.lib)
  • zlib
    • 圧縮ライブラリとして使用
  • argon2
    • PuTTY 秘密鍵ファイルの復号に使用
  • PuTTY
    • ツールチップを表示するソースコードを流用
    • Pageantとの連携のためにソースコードを流用
    • 通信や端末エミュレーションのためには使用していない
*6
 
プロキシ接続対応 No Yes*8 (HTTP, TELNET, SOCKS4, SOCKS5)